開発者なら知っておきたいMacの起動とキーコンビーネーション

Mac

開発者は開発を行わないユーザーよりもマシンやOSのトラブルに見舞われることが多いです。ある日突然、OSが起動しなくなってしまったなどです。そのようなときに焦らないで良いように知っておいた方が良いキーコンビネーションがあります。

スポンサーリンク

マシン起動時のキーコンビネーションのコツ

マシン起動時に特定のキーを押しながら起動するという操作が上手く働かないということはないでしょうか?

実は押すタイミングに気をつける必要があります。

USBキーボードと内蔵キーボード

USB接続のキーボードと、MacBook Proなどのラップトップの内蔵キーボードの場合は何も考えずに、起動する前から押しておけば良いです。押しながら電源を入れるのが一番良いと思います。

Magic KeyboardもLightningケーブルで接続すれば、USB接続キーボードと同じ扱いになるので、Magic Keyboardはケーブルで接続すると楽ちんです。

Bluetooth接続キーボード

Apple Wireless Keyboardを始めとするBluetooth接続のキーボードの場合は押すタイミングが重要です。押すタイミングは、Macの電源を入れてMac起動音が鳴った直後です。その前から押していると認識されないことがあります。

セーフモードで起動する

セーフモードに入るには、Shiftキーを押しながらマシンを起動します。

最後にインストールしたものが悪さをしている。自動起動するものがおかしいのかもしれない。最後にインストールしたカーネルエクステンションのせいで起動しなくなった。それを開発したのは自分だった。。。みたいなときに試してみたいのが「セーフモード」です。

セーフモードで起動すると、次のような動作が行われます。

  • 起動ディスクを検証し、ディレクトリの問題を修復する。
  • システムに元々入っていたカーネルエクステンションとフォントだけをロードする。
  • 自動起動するソフトを起動しない。
  • キャッシュをクリアする。

後は、最後にインストールしたものを手動で削除しましょう。

NVRAMやPRAMをクリア

NVRAMやPRAMをクリアするには、CommandキーとOptionキーとPキーとRキーを押しながらマシンを起動します。

2回目の起動音が聞こえたらキーを離します。Apple T2 チップ搭載Macの場合は2回目のAppleロゴが消えたらキーから指を離します。

NVRAMやPRAMには、音量や起動ディスクなどの情報が保存されています。起動するパーティションがおかしいとか、何か変な感じがするときには、とりあえずやってみています。

それでもおかしいときは、SMCのリセットも行います。SMCのリセット方法はMacの種類によって少しずつ異なります。詳しくは、次のページを参照してください。

Mac の SMC をリセットする方法

リカバリーモードで起動する

リカバリーモードで起動するには、CommandキーとRキーを押しながら起動する。

リカバリーモードは復元パーティションから起動する機能です。OSの再インストールができます。ディスクユーティリティでディスクの修復を試みたり、イメージ化を行ったり、必要なものをターミナルでバックアップしたりしましょう。

後は、OSをクリーンインストールするか、上書きインストールするかです。上書きインストールはあまりお勧めしませんが、どうしてもOSを起動する必要があるが、中も消せないみたいなときに、使います。

起動するだけはできるようになるので、後は、必要な作業だけを行ったら、再度、リカバリーモードで起動して、クリーンインストールしましょう。

インターネットリカバリーを使用する

インターネットリカバリーを使用するときは、CommadキーとOptionキーとRキーを押しながら起動します。

リカバリーモードは復元パーティションでしたが、インターネットリカバリーは、そのMacにインストール可能な最新版のOSをインターネットからダウンロードして、インストールする機能です。復元パーティションが壊れていても実行できます。

最新OSをクリーンインストールしたいときは、私はこの方法を使っています。

マシンの初期OSを復元する

マシンの初期OSを復元するには、CommandキーとOptionキーとShiftキーとRキーを押しながら起動します。

インターネットリカバリーの一つですが、最新版OSではなく、そのMacが出荷されたときにインストールされていた初期OSをインターネットからダウンロードしてインストールする機能です。こちらも、復元パーティションが壊れていても実行できます。

古いOSにダウングレードしたいときにも使用できます。

参考URL

細かい注意事項やマシン特有の事柄があって上手く動かないことがあります。そのようなときには、Appleのサポートページも参照してください。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>現役のプログラマーが書くプログラミング情報

現役のプログラマーが書くプログラミング情報

日々の開発の中での学びや分かったこと、調べたことなどを書いていくブログです。

CTR IMG