Windows Server 2016 への Hyper-V のインストール方法

Windows Server 2016 に Hyper-V をインストールするには以下の様に操作します。

基本的には画面の指示に従っていくだけでインストールできます。

(1) サーバーマネージャーを起動する。

(2) 「管理」ポップアップボタンをクリックし、「役割と機能の追加」を選択します。

(3) 「インストールの種類の選択」ページで「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択し、「次へ」ボタンをクリックする。

(4) 「対象サーバーの選択」ページでサーバーを選択して、「次へ」ボタンをクリックする。

(5) 「サーバーの役割の選択」ページで「Hyper-V」をチェックする。

(6) Hyper-V に必要な機能の追加確認ダイアログが表示されるので、「管理ツールを含める」をチェックしたまま、「機能の追加」ボタンをクリックします。

(7) 読み込み中になるので、チェックがオン状態になって、待機状態になるまで、しばらく待ちます。(けっこう時間かかります)

(8) 「機能の選択」ページは変更せずに、そのまま「次へ」ボタンをクリックします。

(9) 「仮想スイッチの作成」ページでネットワークアダプタをチェックして選択します。

(10) 残りは画面の指示に従って操作します。

(11) インストールが完了するまで待ちます。これもしばらく時間がかかります。固まったように感じますが、動いているので、そのまま待ちましょう。

(12) インストール完了後、サーバーを再起動させるように指示されるので、サーバーを再起動します。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>現役のプログラマーが書くプログラミング情報

現役のプログラマーが書くプログラミング情報

日々の開発の中での学びや分かったこと、調べたことなどを書いていくブログです。

CTR IMG