新規アプリの公開前の予約注文に180日前から対応

App Storeでアプリを新規公開するときに、リリース日よりも前の予約注文が180日前から受けられるようになったそうです。

ユーティリティなどでは使うことが少なそうですが、ゲームなどのエンターテイメント系アプリなら、プロモーション活動の一環で早めに予約を受けられればメリットがありそうです。

180日ということは、約半年なので、プロモーションスケジュールにも組み込みやすそうですね。

予約注文をできるようにすると、特別なプロダクトページが公開されるそうです。予約注文されるとリリース日に自動的にアプリがダウンロードされます。請求は実際のリリースまで行われないそうです。

予約注文に対応するOSは以下の通りです。

  • iOS 11.2 以降
  • iPadOS 13 以降
  • tvOS 11.2 以降
  • macOS 10.13.2 以降
  • watchOS 6 以降

予約注文の詳細についてはこちらです。

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>現役のプログラマーが書くプログラミング情報

現役のプログラマーが書くプログラミング情報

日々の開発の中での学びや分かったこと、調べたことなどを書いていくブログです。

CTR IMG