バイナリファイルに含まれるアーキテクチャを調べる

M1チップを使ったMacが発売して、しばらくぶりにMacのアプリやフレームワークにもUniversal Binaryが使われるようになりました。

Universal Binaryは、一つのバイナリファイルの中に複数のアーキテクチャ向けのバイナリが含まれているバイナリファイルです。今回のMacアプリでは、次の2つが入っています。

  • x86_64
  • arm64

iOSアプリの開発ではシミュレータと実機でアーキテクチャが異なるので、ずっとUniversal Binaryが使われていました。

このUniversal Binaryになっているアプリやフレームワークですが、Finderで見ただけでは何のアーキテクチャが入っているか分かりません。

この記事で入っているバイナリのアーキテクチャを調べる方法について解説します。

スポンサーリンク

調べる対象はどれ?

この後紹介する2つのコマンドですが、どちらも呼び出す対象はバイナリファイルです。バンドルやパッケージではありません。

フレームワークの場合

例えば、 Example.framework というフレームワークの場合は、次のファイルがバイナリファイルです。但し、フレームワークの作り方によっては別のパスにあることもあります。

Example.framework/Versions/Versions/A/Example

Macアプリの場合

例えば、 MyApp.app というアプリの場合は、次のファイルがバイナリファイルです。

MyApp.app/Contents/MacOS/MyApp

lipoを使う方法

lipoを使って調べることができます。lipoは別々のアーキテクチャ専用のファイルを使ってUniversal Binaryを作ることもできるプログラムです。

$ lipo -archs PathToBinary

例えば、Safariで試してみると次のようになります。

$ lipo -archs /Applications/Safari.app/Contents/MacOS/Safari
x86_64 arm64e

fileを使う方法

fileを使っても調べることができます。

$ file PathToBinary

lipoと同様にSafariを調べてみると次のようになります。

$ file /Applications/Safari.app/Contents/MacOS/Safari
/Applications/Safari.app/Contents/MacOS/Safari: Mach-O universal binary with 2 architectures: [x86_64:Mach-O 64-bit executable x86_64] [arm64e:Mach-O 64-bit executable arm64e]
/Applications/Safari.app/Contents/MacOS/Safari (for architecture x86_64):	Mach-O 64-bit executable x86_64
/Applications/Safari.app/Contents/MacOS/Safari (for architecture arm64e):	Mach-O 64-bit executable arm64e
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>現役のプログラマーが書くプログラミング情報

現役のプログラマーが書くプログラミング情報

日々の開発の中での学びや分かったこと、調べたことなどを書いていくブログです。

CTR IMG