WordPressのXML Sitemapsプラグインを動かす

根本的なエラー原因はLanguage Switcherの設定でした。詳しくは下のリンク先記事をご覧ください。

このサイトの英語版のサイトを作成中なのですが、XML Sitemapが送信できないという問題が起きました。この記事ではどのように対応したかについて解説します。

なお、後から分かった事ですが、エラーの根本原因は別にありました。詳しくはこちらです。

関連記事

このブログは日本語ページと英語ページの切り替えや、hreflang情報の生成のために、WordPressのLanguage Switcherというプラグインを使っています。このプラグインの影響でHTTP Status 302 リダイレクトが[…]

スポンサーリンク

XML Sitemapとは

GoogleやBingなどのサーチエンジンにページの更新や追加を通知するために必要な機能に「XML Sitemap」があります。

XML Sitemapはサイト内に含まれるページの更新日やリストが入っているXMLです。

WordPress 5.5以降にはXML Sitemapを生成する機能が組み込まれています。しかし、機能が最低限なためプラグインを導入しています。

XML Sitemapを生成するプラグイン

XML Sitemapを生成する機能を持ったプラグインには以下の様なものがあります。

  • Yoast SEO
  • All in One SEO Pack
  • Google XML Sitemaps

この中からこのサイトではGoogle XML Sitemapsを採用しています。理由は機能がシンプルで、XML Sitemapを生成することに特化しているからです。

組み込み済みの生成機能を無効化する

WordPress 5.5未満はプラグインを導入するだけで良かったのですが、WordPress 5.5以降では組み込み済みの機能を無効化する必要があります。無効化するには、Functions.phpファイルに次のコードを追加します。

add_filter( 'wp_sitemaps_enabled', '__return_false' );

動作の確認

生成されなくなったかの確認をします。ターミナルで次のように入力します。(”example.com”は置き換えてください)

$ curl -I "https://example.com/sitemap.xml"

無効になると、次のようにHTTP Status 404が出力されます。

HTTP/2 404 
date: Thu, 03 Dec 2020 13:36:36 GMT
server: Apache
link: <https://en.techgaku.com/wp-json/>; rel="https://api.w.org/"
content-type: text/html; charset=UTF-8
set-cookie: lsw_f96b482c_m=en; path=/
set-cookie: lsw_f96b482c_d=en; path=/

XML Sitemap Generatorの動作を確認します。

  1. WordPressのダッシュボードを開く。
  2. 「設定」から「XML-Sitemap」を選択する。
  3. 「your main sitemap and all sub-sitemaps」をクリックする。

エラーが表示されなければ成功です。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++をよく使っています。開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>現役のプログラマーが書くプログラミング情報

現役のプログラマーが書くプログラミング情報

日々の開発の中での学びや分かったこと、調べたことなどを書いていくブログです。

CTR IMG