XcodeへのGitHubアカウントの設定

XcodeにGitHubのアカウントを設定すると、XcodeからGitHubのリポジトリに直接アクセスできるようになります。

この記事では、XcodeにGitHubのアカウントを設定する方法を解説します。

目次

アクセストークンの生成

XcodeからGitHubにアクセスするには、アクセストークンが必要です。次のように操作します。

(1) GitHubを開いて、サインインします。

(2) 右上のアカウントアイコンをクリックし、「Settings」を開きます。

GitHubのSettingsを開く
GitHubのSettingsを開く

(3) 設定の「Developer settings」を開きます。

Developer Settings
Developer Settings

(4) 「Personal access tokens」を開き、「Generate new token」をクリックします。

Generate new tokenをクリック
Generate new tokenをクリック

(5) 「Note」に「Xcode」など、使用箇所が分かるような名前を入力し、「Expiration」に有効期限を設定します。私は「90 days」として90日を選択しました。「No expiration」を選択すると無期限になります。セキュリティ上の理由で無期限よりは有効期限を付けた方が良いでしょう。

名前と有効期限を入力
名前と有効期限を入力

(6) 「Select scopes」で、このアクセストークンに許可する操作を設定します。このアクセストークンを使用するのは、Xcodeなので、Xcodeから許可する操作となります。

私の場合は、次の項目をチェックしました。

  • admin:public_key
  • write:discussion
  • repo
  • user
  • project

この中でproject以外はXcodeが必須としている項目です。そのため、project以外の4つは必ず含めてください。

(7) 「Generate token」をクリックします。

(8) 生成されたアクセストークンが表示されるので、コピーして保存します。アクセストークンは再表示できません。分からなくなったときは、新しいトークンを生成してください。

Xcodeへのアカウントの設定

Xcodeにアカウントを設定します。次のように操作します。

(1) Xcodeで「Xcode」メニューから「Preferences…」を選択します。

(2) 「Accounts」タブを開きます。

(3) アカウントリストの左下にある「+」ボタンをクリックします。

アカウントを追加する
アカウントを追加する

(4) アカウントの種類を選択するシートで「GitHub」を選択して、「Continue」ボタンをクリックします。

GitHubを選択する
GitHubを選択する

(5) アカウントと生成したアクセストークンを入力し、「Sign In」ボタンをクリックします。

アカウントとアクセストークンでサインインする
アカウントとアクセストークンでサインインする

(6) 「Accounts」タブに戻ります。成功すると、アカウントリストにGitHubアカウントが追加されます。

GitHubアカウントが追加される
GitHubアカウントが追加される

連載一覧

この記事は「Xcodeの使い方」というシリーズの記事です。同じシリーズの他の記事は次のリンクを開いてください。

Xcodeの使い方 連載一覧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アプリ開発が好きなアプリ開発者。このブログは学習メモを記事にしたテックブログです。仕事ではアプリ開発をメインに、技術書の執筆やセミナーの講師などもしています。業務や著書のサイトはこちらです→ アールケー開発

目次