Gitから変更されたファイルだけを取り出す方法

Gitはファイルの履歴を管理しています。この機能のおかげで同じリポジトリを参照する人は、別の人が行った変更を取り込むことができます。

変更内容を別の人に渡したいときに、リポジトリに直接アクセスできる人はGitの機能を使ってもらえば良いのですが、リポジトリにアクセスできない人に変更されたファイルだけを渡したいときにはどうしたらよいでしょうか?

Gitにはこのようなときにも使える機能があります。

スポンサーリンク

使用する機能

Gitでコミット間の差分を抽出するには、以下の2つの機能を組み合わせます。

  • 指定したコミット間で変更されたファイルの一覧作成機能
  • 指定したファイルだけを抽出する機能

指定したコミット間で変更されたファイルの一覧を作成する

指定したコミット間で変更されたファイルの一覧を作成するには、リモートブランチからクローンしたローカルリポジトリで以下を実行します。

$ git diff --name-only COMMIT1 COMMIT2 >> OutFile

このコマンドは、COMMIT1からCOMMIT2までの間に変更されたファイルの一覧をOutFileに出力します。

COMMIT1COMMIT2はコミットのハッシュを指定します。ハッシュはSource Treeであれば、「コミット」という欄に表示されています。

Source Treeでコミットハッシュを表示する

Source Treeには1つのコミットに2つのハッシュが表示されています。片方は省略形です。git diffに指定するのはどちらを使っても構いません。

また、Source Treeの場合は履歴表示でコミットを右クリックし、「SHA-1をクリップボードにコピー」を選択すると、右クリックしたコミットのハッシュをコピーできます。ハッシュを手打ちするよりも、この方法の方が楽です。

Source Treeでコミットハッシュ(SHA-1)をコピーする

最新版を指定したいときは、HEADと書きます。例えば、次を実行すると、0123456から最新版までの変更リストを../diff.txtに出力します。

$ git diff --name-only HEAD 0123456 >> ../diff.txt

指定したファイルだけを抽出する

リポジトリから指定したファイルだけを抽出するには、以下を実行します。

$ git archive HEAD `cat FILE` -o OUTFILE.zip

このコマンドを実行すると、FILEに書かれたファイルをリポジトリから抽出して、OUTFILE.zipを作成します。

例えば、先ほど作成した../diff.txtに書かれているファイルを抽出して、../diff.zipを作る場合は、次のように入力します。

$ git archive HEAD `cat ../diff.txt` -o ../diff.zip
スポンサーリンク

ファイルを削除している場合

変更内容がファイルの削除や移動で、既に最新版のリポジトリにはそのファイルがないときには、次のようなエラーが表示されます。

fatal: pathspec 'README2.md' did not match any files

この場合はREADME2.mdというファイルが見つからないというエラーです。既に存在しないのでアーカイブに抽出する必要がないので、git archiveに渡すファイルリストを編集します。

git diffで作成したファイルは、1行に1ファイルが書かれているテキストファイルです。見つからないというエラーが表示されたファイルを検索して、その行を削除します。

削除してから再度git archiveを実行します。他に削除されているファイルがなければ、成功してアーカイブが作成されます。他にも削除されている場合は、同じようなエラーが表示されるので、その行を削除してから実行を繰り返します。

ファイルが大量なとき

ファイルが大量なときに数が多すぎてエラーになることがあります。

次のようなエラーが表示されます。

warning: inexact rename detection was skipped due to too many files.
warning: you may want to set your diff.renameLimit variable to at least 13024 and retry the command.

表示された13024の部分は実際の行数が表示されます。指示された通り、diff.renameLimitの設定値を変更することでgit diffが実行できるようになります。次のように入力して設定値を変更します。

$ git config diff.renameLimit 13024

古いバージョンのGitを使っているなど、他のエラーが表示されて、diff.renameLimitを変更しても動かないときは、diff.txtファイルを複数に分割して、複数のアーカイブに分割して実行するという方法もあります。複数のアーカイブに分割されていることが問題になるようであれば、アーカイブを展開して、一つのフォルダにまとめてから、改めてZipで圧縮してください。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!