MultiTextConverterのSwift版の開発に興味が沸く

筆者が以前、開発して、フリーウェアとして公開しているMultiTextConverterというmacOSアプリがあります。主要な機能はテキストファイルのテキストエンコーディングの変換と改行文字の変換です。

アールケー開発のWebサイトで公開しています。

アールケー開発

MultiTextConverter はテキストファイルの文字コードを変換するためのソフトウェアです。…

最初のバージョンを開発したのは、筆者が学生の頃で1998年頃だったと思います。当時はまだ、MacのOSはSystem 9(開発始めたときは漢字Talkだったかも)の時代で、Mac OS Xは存在していませんでした。

このMultiTextConverter、実は何度か作り直しをしています。

  • バージョン1.0 : Metrowerks CodeWarrior PowerPlant + C++
  • どこかのバージョン : Xcode + Objective-C + AppKit + C++ (UTF-8への変換も含めて独自実装)
  • どこかのバージョン : Xcode + Objective-C + AppKit + C++ (テキストエンコーディングの変換処理はCoreFoundationの関数に変更)
スポンサーリンク

今のテクノロジーだったらどうなるだろう?

ここ数年は、GateKeeperの対応(コードサイニング)やNotarize(公証)の対応だけを行っていました。

何度か、Swiftで作り直そうという気持ちが沸いてきて、手を付けては途中で忙しくなり、中止ということを繰り返していました。

ただ、SwiftUIなどを使って、現在のテクノロジーを使って、作り直したらどんなコードになるだろうか?どんな部分が実装しやすくなっただろうか?というところに興味が湧いてきました。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!