Ai Toonシェーダーで漫画っぽくレンダリングする

MayaのAi Toonシェーダーを使うと漫画のような感じにレンダリングされます。

この記事ではAi Toonシェーダーを使い方の紹介です。

目次

Ai Toonシェーダーのレンダリング結果

Ai ToonシェーダーとAi Standard Surfaceシェーダーでのレンダリング結果の比較です。

同じジオメトリで、左側はAi Standard Surface、右側はAi Toonシェーダを適用した結果です。いかがでしょうか?Ai Standard Surfaceの方は写実的に、Ai Toonシェーダーの方は漫画っぽくなっているでしょうか?色を付けているせいもあって、こういうテイストのイラストもあるよねという感じになっていますね。

初めて見たとき、アメコミっぽいって思いました。

Ai Standard SurfaceとAi Toonのレンダリング結果の比較
レンダリング結果の例

Ai Toonシェーダーの設定方法

Ai Toonシェーダーは次のようなノード構成で使用します。

Ai Toonシェーダのシェーダーグラフ
Ai Toonシェーダのシェーダーグラフ

「PostBodyToon_MAT」がAi Toonです。「aiRampRgb2」はAi Ramp Rgbです。

Ai Ramp Rgbの設定

比較画像の右側のAi Toon適用結果は3色の赤系統の色が見えると思います。この色を生成しているのがAi Ramp Rgbです。

Ai Ramp RgbのOut ColorをAi ToonのBase Tonemapと結ぶのですが、ハイパーシェードでやろうとしても表示されていないこともあります。

次のように操作します。

(1) Ai Toonのアトリビュートエディタを開く。

(2) BaseのTonemapの横のマス目のボタンをクリックする。

(3) Ai Ramp Rgbを選択する

色はグラデーションを設定するように、アトリビュートエディタで、Ai Ramp RgbのRampのSelected Colorに設定します。2色から4色くらいが良いのではと思います。また、各色のInterpolationをNoneに設定して、かっちり変わるようにします。

Ai Ramp Rgbの色の設定
Ai Ramp Rgbの色の設定

輪郭線を表示する

エッジに輪郭線がレンダリングされるようにするため、次のように操作してArnoldの設定を変更します。

(1) レンダラーの設定を開く。

(2) Arnold RendererタブのFilterのTypeからcontourを選択する。

Widthはデフォルト値の2.0でも問題ないと思います。

ArnoldのFilterの設定
ArnoldのFilterの設定

輪郭線の描画具合の調整

輪郭線がどのように描画されるか、ここからレンダリングしながら調整が必要です。

調整はアトリビュートエディタでAi ToonのEdge DetectionのAngle Thresholdの値です。デフォルト値の180では全く表示されませんでした。かなり小さい値で調整します。

光源やカメラの位置、レンダリング解像度によって見え方が大分変わるので、試行錯誤します。例えば、上記の比較画像での各値でのレンダリング結果は次のようになりました。

Angle Threshold=180.0のレンダリング結果
Angle Threshold = 180.0
Angle Threshold=10.0のレンダリング結果
Angle Threshold = 10.0
Angle Threshold=5.0のレンダリング結果
Angle Threshold = 5.0
Angle Threshold=3.8のレンダリング結果
Angle Threshold = 3.8
Angle Threshold=3.0のレンダリング結果
Angle Threshold = 3.0
Angle Threshold=0.0のレンダリング結果
Angle Threshold = 0.0

まとめ

漫画っぽくは出来たのですが、アニメのようなセルルックにはならないようです。設定次第では出来るのかもですが。。。

アニメの制作でも3Dをレンダリングしているという話を聞いたことがあったので試してみたのですが、ちょっと違いました。調べてみると、Pencil+というプラグインがよく使われているようです。

Ai Toonでもセルルックになる(2022年5月9日 追加)

Ai Toonについて検索してみると、Ai Toonでもセルルックになっているページありました。

設定次第みたいです。次のページに色々、設定が載っています。

Mayaでセルルックキャラクタを作るコラム(2022年9月13日追加)

Autodesk::AREA JAPANでMayaでセルルックキャラクタを作るというコラムが公開されています。

こちらのコラムはAi Toonではなく、Unityに持っていて、ユニティちゃんトゥーンシェーダーで仕上げているようです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アプリ開発が好きなアプリ開発者。このブログは学習メモを記事にしたテックブログです。仕事ではアプリ開発をメインに、技術書の執筆やセミナーの講師などもしています。業務や著書のサイトはこちらです→ アールケー開発

目次